付録

Makefile.confの変数一覧

MPIに関する設定

MPI対応コンパイラーが自動参照している場合は、MPIに関する設定は不要である。

変数名 説明 既定値
MPIDIR MPIがインストールされているディレクトリのパスを指定する なし
MPIBINDIR MPIの実行ファイル群がインストールされているディレクトリのパスを指定する なし
MPIINCDIR MPIのヘッダーファイル群がインストールされているディレクトリのパスを指定する .
MPILIBDIR MPIのライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスを指定する .
MPILIBS CおよびFortran90のオブジェクトファイルにリンクさせるMPIライブラリを指定する なし

インストールディレクトリに関する設定

変数名 説明 既定値
PREFIX 本ソフトウェアをインストールするディレクトリのパスを指定する $(HOME)/FrontISTR
BINDIR 本ソフトウェアの実行ファイル群をインストールするディレクトリのパスを指定する $(PREFIX)/bin
INCLUDEDIR 本ソフトウェアのヘッダーファイル群をインストールするディレクトリのパスを指定する $(PREFIX)/include
LIBDIR 本ソフトウェアのライブラリ群をインストールするディレクトリのパスを指定する $(PREFIX)/lib

METISに関する設定

変数名 説明 既定値
METISDIR METISがインストールされているディレクトリのパスを指定する $(HOME)/metis
METISINCDIR METISのヘッダーファイル群(metis.hなど)がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(METISDIR)/include
METISLIBDIR METISのライブラリ(libmetis.a)がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(METISDIR)/lib

ParMETISに関する設定

変数名 説明 既定値
PARMETISDIR ParMETISがインストールされているディレクトリのパスを指定する。 $(HOME)/ParMetis
PAEMETISINCDIR ParMETISのヘッダーファイル群(parmetis.hなど)がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(PARMETISDIR)/include
PARMETISLIBDIR ParMETISのライブラリ(libparmetis.a)がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(PARMETISDIR)/lib

REVOCAP_Refinerに関する設定

変数名 説明 既定値
REFINERDIR REVOCAP_Refinerがインストールされているディレクトリのパスを指定する $(HOME)/REVOCAP_Refiner
REFINERINCDIR REVOCAP_Refinerのヘッダーファイル群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(REFINERDIR)/include
REFINERLIBDIR REVOCAP_Refinerのライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(REFINERDIR)/lib

REVOCAP_Couplerに関する設定

変数名 説明 既定値
REVOCAPDIR REVOCAP_Couplerがインストールされているディレクトリのパスを指定する $(HOME)/REVOCAP_Coupler
REVOCAPINCDIR REVOCAP_Couplerのヘッダーファイル群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(REVOCAPDIR)/include
REVOCAPLIBDIR REVOCAP_Couplerのライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(REVOCAPDIR)/lib

MUMPSに関する設定

変数名 説明 既定値
MUMPSDIR MUMPSがインストールされているディレクトリのパスを指定する $(HOME)/MUMPS
MUMPSINCDIR MUMPSのヘッダーファイル群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(MUMPSDIR)/include
MUMPSLIBDIR MUMPSのライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(MUMPSDIR)/lib

MLに関する設定

変数名 説明 既定値
MLDIR MLがインストールされているディレクトリのパスを指定する $(HOME)/trilinos
MLINCDIR MLのヘッダーファイル群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(MLDIR)/include
MLLIBDIR MLのライブラリ群がインストールされているディレクトリのパスを指定する $(MLDIR)/lib

Cコンパイラーに関する設定

変数名 説明 既定値
CC Cコンパイラーの起動コマンドを指定する mpicc
CFLAGS Cコンパイラーに付与するオプションを指定する なし
LDFLAGS Cリンカーに付与するオプションを指定する。REVOCAP_Refinerを使用する場合で、CプログラムのリンクにCコンパイラーを用いる場合には、C++の標準ライブラリ(-lstdc++など)を指定する必要がある。 -lm
OPTFLAGS Cコンパイラーに付与する最適化オプションなどを指定する -O3
CLINKER Cプログラムのリンク時に用いるコマンドを指定する。REVOCAP_Refinerを使用する場合で、CプログラムのリンクにC++コンパイラーを用いる必要がある場合などに指定する。 $(CC)

C++コンパイラーに関する設定

変数名 説明 既定値
CPP C++コンパイラーの起動コマンドを指定する mpic++
CPPFLAGS C++コンパイラーに付与するオプションを指定する。BoostライブラリがC++コンパイラーから自動参照されない場合、-Iオプションにより、インクルードファイルが格納されているディレクトリを指定する。 -DMPICH_IGNORE_CXX_SEEK
CPPLDFLAGS C++リンカーに付与するオプションを指定する なし
CPPOPTFLAGS C++コンパイラーに付与する最適化オプションなどを指定する -O3

Fortran90コンパイラーに関する設定

変数名 説明 既定値
F90 Fortran90コンパイラーの起動コマンドを指定する mpif90
F90FLAGS Fortran90コンパイラーに付与するオプションを指定する -DMPICH_IGNORE_CXX_SEEK
F90LDFLAGS Fortran90リンカーに付与するオプションを指定する。Intel MKLを利用する場合には、そのリンクオプションを指定する。また、REVOCAP_Refinerを使用する場合で、Fortran90プログラムのリンクにFortran90コンパイラーを用いる場合には、C++の標準ライブラリ(-lstdc++など)を指定する必要がある。 なし
F90OPTFLAGS Fortran90コンパイラーに付与する最適化オプションなどを指定する -O2
F90LINKER Fortran90プログラムのリンク時に用いるコマンドを指定する。REVOCAP_Refinerを使用する場合で、Fortran90プログラムのリンクにC++コンパイラーを用いる必要がある場合などに指定する(京コンピュータでは“mpiFCCpx --linkfortran” を指定する)。 $(F90)

UNIXコマンドに関する設定

変数名 説明 既定値
MAKE makeの起動コマンドを指定する。オプションが必要な場合は同時に指定する。 make
AR アーカイブの作成、変更などを行うコマンドを指定する。オプションが必要な場合は同時に指定する。 ar ruv
CP ファイルやディレクトリをコピーするコマンドを指定する。オプションが必要な場合は同時に指定する。 cp -f
RM ファイルやディレクトリを削除するコマンドを指定する。オプションが必要な場合は同時に指定する。 rm -f
MKDIR ディレクトリを作成するコマンドを指定する。オプションが必要な場合は同時に指定する。 mkdir -p
MV ファイルを移動するコマンドを指定する。オプションが必要な場合は同時に指定する。 mv

Makefile.confの設定例

京コンピュータおよび富士通FX10における注意

本バージョンでは、京コンピュータおよび富士通FX10向けのチューニングが行われていますが、これに伴い、利用する環境に応じてソースコードの一部を変更する必要があります。

変更するファイル:

hecmw1/src/solver/solver_33/hecmw_tuning_fx.f90

変更内容:

ファイル内で定義されているパラーメータ変数 TotalSectorCacheSize

  • 京コンピュータでは 12

  • FX10では 24

に設定する。

なお、初期状態では京コンピュータ向けの設定となっています。