Makefile.confでのインストール

以下の手順で、本ソフトウェアをインストールします。

Makefile.confの編集

${FSTRBUILDDIR} にあるMakefile.conf.orgを、本ソフトウェアをインストールする計算機環境に合わせて編集し、Makefile.confを作成します。 定義できる変数は数多くありますが、ほとんどの変数については既定値をそのまま利用できます。 多くの環境では、下記の変数以外を変更する必要はないと思われます。

変数名 説明
MPIDIR MPIがインストールされているディレクトリ
PREFIX 本ソフトウェアの実行モジュールをインストールするディレクトリ
METISDIR METISがインストールされているディレクトリ
PARMETISDIR ParMETISがインストールされているディレクトリ
REFINERDIR REVOCAP_Refinerがインストールされているディレクトリ
REVOCAPDIR REVOCAP_Couplerがインストールされているディレクトリ
MUMPSDIR MUMPSがインストールされているディレクトリ
CC Cコンパイラー起動コマンド
CPP C++コンパイラー起動コマンド
F90 Fortran90コンパイラー起動コマンド

すべての変数の詳細については、「付録1 Makefile.confの変数一覧」をご参照ください。 また、「付録2 Makefile.confの設定例」にMakefile.confの一例を記載します。

setup.shの実行

${FSTRBUILDDIR} にて、シェルスクリプトsetup.shを以下のように実行し、 Makefileを作成します。

$ ./setup.sh

並列計算用のライブラリを生成する場合などは、下記のオプションを指定してsetup.sh を実行して下さい。

setup.sh 実行時オプション

オプション 意味 備考
-g または --debug デバック用ライブラリの生成
-p または --parallel 並列実行用ライブラリの生成
--with-tools パーティショナーなどのツール生成
--with-refiner REVOCAP_Refinerの組み込み
--with-revocap REVOCAP_Couplerの組み込み
--with-metis METISの使用
--with-parmetis ParMETISの使用 現時点では無効
--with-mkl Intel MKLの使用
--with-mumps MUMPSの使用
--with-lapack Lapackルーチンの使用 条件数推定機能を利用する場合に必要
--with-ml MLの使用

以下では、setup.sh 実行の例を示します。

並列処理用にコンパイルする場合

MPIがインストールされている並列実行環境で本ソフトウェアを使用する場合、以下のように -p または --parallel オプションを付けてsetup.shを起動します。

$ ./setup.sh –p

パーティショナーなどのツールを生成する場合

パーティショナー(RCB)やビジュアライザーなどのプリ・ポスト処理用ツールが必要な場合、以下のように --with-tools オプションを付けてsetup.shを実行すると、各種ツールが生成されます。

$ ./setup.sh –p --with-tools

METISを使用する場合

METISがインストールされている環境では、さらに以下のように --with-metis オプションを付けてsetup.shを実行すると、パーティショナーにおいてMETISの使用が可能となります。

$ ./setup.sh –p --with-tools --with-metis

接触解析用にコンパイルする場合

接触解析用にコンパイルする場合、並列なしの場合と並列ありの場合の2通りの方法があります。並列なしの場合は、Intel MKLまたはMUMPSの利用が必要となります。

$ ./setup.sh --with-mkl

または、

$ ./setup.sh --with-mumps

並列ありで接触解析を行う場合は、 -p --with-metis オプションも必要となります。また並列ありの場合はIntel MKLは使えません。

$ ./setup.sh –p --with-metis --with-mumps

makeの実行

${FSTRBUILDDIR} にて、以下のようにmakeを実行します。

$ make 2 > & 1 | tee make.log

makeの実行には、計算機環境によっては数十分かかる場合があります。実行中にエラーが生じた場合は、Makefile.confの設定の見直し等を行なって下さい。

make installの実行

makeの実行が正常に終了した後、Makefile.confで指定したディレクトリに本ソフトウェアをインストールするために、 以下のようにmake installを実行します。

$ make install

Windows環境へのインストール

Windows環境では、以下のUNIXライク環境を用いることにより、上記の手順でインストールが可能です。

  • 逐次処理版:MinGW, Cygwin

  • 並列処理版:MinGW + Microsoft MPI, Cygwin + OpenMPI