インストール

サポートされているインストール方法

本ソフトウェアでは、2つのインストール方法がサポートされています。

cmakeでのインストール

本ソフトウェアは、cmakeを用いたインストールをサポートしています。

cmakeを予めインストールしておく必要があります。cmakeは下記WEBサイトからダウンロードすることができます。

https://cmake.org/

$ cd `${FSTRBUILDDIR}`
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake ..
$ make -j2
$ make install

インストールされているライブラリを自動で探索し、FrontISTRの機能を有効にします。また、複数コアを持ったコンピュータでは、並列コンパイルを有効にすることで、コンパイル時間の短縮が期待できます。

cmakeでのインストール つづき

参考

Makefile.confでのインストール

本ソフトウェアでは、手動でライブラリやコンパイラ、有効にする機能を指定する方法がサポートされています。

$ cd `${FSTRBUILDDIR}`
$ cp Makefile.conf.org Makefile.conf
$ vi Makefile.conf
  ファイルを編集しコンパイラやライブラリの場所を指定
$ ./setup.sh [有効にしたい機能を指定]
$ make
$ make install

cmake での自動設定が困難な環境では、こちらの方法での構築を推奨します。なお、こちらの方法は並列コンパイルがサポートされていません。

Makefile.confでのインストール つづき

参考