全体制御データ

全体制御データ概要

全体制御データは、FrontISTRに対する入出力ファイルのファイル名を定義するものである。

全体制御データファイルの特徴は以下のとおりである。

  • 自由書式に基づくASCII形式のファイルである。
  • "!"で始まるヘッダーとそれに続くデータから構成されている。
  • ヘッダーの記述の順番は基本的に自由である。
  • データの区切り記号には","を使用する。

入力規則

全体制御データファイルは、ヘッダー行、データ行、コメント行から構成される。

ヘッダー行には必ず一つのヘッダーが含まれる。

ヘッダー
全体制御データファイル内で、データの意味とデータブロックを特定する。
行頭が "!" で始まる場合、ヘッダーであるとみなされる。
ヘッダー行
ヘッダーとそれに伴うパラメータを記述する。
ヘッダー行はヘッダーで始まっていなければならない。
パラメータが必要な場合は、"," を用いてその後に続けなければならない。
パラメータが値をとる場合は、パラメータの後に "=" が続き、その後に値を記述する。
ヘッダー行を複数行にわたって記述することはできない。
データ行
ヘッダー行の次の行から開始され、必要なデータを記述する。
データ行は複数行にわたる可能性があるが、それは各ヘッダーで定義されるデータ記述の規則により決定される。
データ行は必要ない場合もある。
区切り文字
データの区切り文字にはカンマ "," を用いる。
空白の扱い
空白は無視される。
名前
名前に使用可能な文字は、アンダースコア "_"、ハイフン "-"、英数字 "a-z A-Z 0-9" であるが、 最初の一文字は "_" または英字 "a-z A-Z" で始まっていなければならない。
大文字小文字の区別はなく、内部的にはすべて大文字として扱われる。
また、名前の最大長は63文字である。
ファイル名
ファイル名に使用可能な文字は、アンダースコア "_"、ハイフン "-"、ピリオド "."、スラッシュ "/"、英数字 "a-z A-Z 0-9" である。
ファイル名は、特に記述がない限りパスを含んでもよい。相対パス、絶対パスのいずれも指定可能である。
また、ファイル名の最大長は1023文字である。
浮動小数点データ
指数はあってもなくてもよい。指数の前には、"E" または "e" の記号をつけなければならない。
"E" または "e" どちらを使用してもかまわない。"D" または "d" は使用不可。
!!, # コメント行
行頭が"!!"または"#"で始まる行はコメント行とみなされ、無視される。コメント行はファイル中の任意の位置に挿入でき、その数に制限はない。

ヘッダー一覧

全体制御データは以下のヘッダーによって構成されている。

ヘッダー名 内容
!CONTROL 解析制御データ定義
!MESH メッシュデータ定義
!RESTART リスタートデータ定義
!RESULT 解析結果データ定義
!SUBDIR サブディレクトリ分割指示

各ヘッダーには,パラメータとそれぞれのヘッダーに対応したデータの項目がある。 以下,上記各ヘッダーについてデータ作成例とともに説明する。

!CONTROL

解析制御データファイルを指定する。

!CONTROL, NAME=<name>
file

#使用例
!CONTROL, NAME=fstrCNT
myctrl.cnt
パラメータ
NAME 識別子(必須)
パラメータ名 パラメータ値 内 容
NAME fstrCNT 解析制御データ
変数名 内容
file 解析制御データファイル名(相対パス、絶対パス共に指定可能。相対パスの場合はカレントディレクトリからのパスとなる)

!MESH

メッシュデータファイルを指定する。

!MESH, NAME=<name>, TYPE=<type> [,optional parameter]
fileheader

#使用例
!MESH, NAME=fstrMSH, TYPE=HECMW-DIST, REFINE=1
Mesh.in
パラメータ
NAME 識別子(必須)
TYPE メッシュタイプ(必須)
IO 入出力指定(省略可)
REFINE メッシュ細分化指定(任意)
パラメータ名 パラメータ値 内 容
NAME fstrMSH Solver入力データ
part_in Partitioner入力データ
part_out Partitioner出力データ
TYPE HECMW-DIST HEC-MW分散メッシュデータ
HECMW-ENTIRE HEC-MW単一領域メッシュデータ
IO IN 入力用(デフォルト)
OUT 出力用
REFINE <integer> メッシュ細分化回数
変数名 内容
fileheader メッシュデータファイル名のヘッダー(相対パス、絶対パス共に指定可能。相対パスの場合はカレントディレクトリからのパスとなる)

注意

IOパラメータの有無、パラメータ値は動作に何も影響を与えない。

TYPEHECMW-DISTの場合、データ行に指定するfileheaderはファイル名末尾の「.<rank>」を除いたものである。

!RESTRAT

リスタートデータファイルを指定する。

!RESTART, NAME=<name>, IO=<io>
fileheader

#使用例
!RESTART, NAME=restart-in, IO=IN
restart.in
パラメータ 内容
NAME 識別子(必須)
IO 入出力指定(必須)
パラメータ名 パラメータ値 内容
NAME <name> ユーザー識別子
IO IN 入力用
OUT 出力用
INOUT 入出力兼用
変数名 内容
fileheader リスタートデータファイル名のヘッダー
(相対パス、絶対パス共に指定可能。相対パスの場合はカレントディレクトリからのパスとなる)

注意 この定義によって生成されるファイル名は、"fileheader+.<rank>" となる。

!RESULT

解析結果データファイルを指定する。

!RESULT, NAME=<name> [,optional parameter]
fileheader

#使用例
!RESULT, NAME=fstrRES, IO=OUT, TYPE=BINARY
result.out
!RESULT, NAME=<name> [,optional parameter]
パラメータ 内容
NAME 識別子(必須)
IO 入出力指定(省略可)
TYPE 出力形式(省略可)
パラメータ名 パラメータ値 内容
NAME fstrRES Solver出力データ、Visualizer入力データ
fstrTEMP 温度入力データ(熱伝導解析結果)
vis_out Visualizer出力データ
IO IN 入力用
OUT 出力用
TYPE TEXT テキスト形式(デフォルト)
BINARY バイナリー形式
変数名 内容
fileheader 解析結果データファイル名のヘッダー(相対パス、絶対パス共に指定可能。相対パスの場合はカレントディレクトリからのパスとなる)

注意 この定義によって生成されるファイル名は、"fileheader+.<rank>" となる。

!SUBDIR

ファイル格納のサブディレクトリ分割を指定する。

!SUBDIR, ON [,optional parameter]

#使用例
!SUBDIR, ON, LIMIT=8000

!SUBDIR, ON [,optional parameter]

パラメータ 内容
ON 有効(必須)
LIMIT ファイル数(省略可)
パラメータ名 パラメータ値 内容
ON なし
LIMIT <integer> 1ディレクトリあたり最大ファイル数(デフォルト: 5000)

注意 この定義によって、複数ファイルで構成される入出力データは自動的にサブディレクトリ配下となる。 並列数がLIMITを超える場合、さらにTRUNK0TRUNK1、・・・・のサブディレクトリ配下となる。